NPO法人松本クラフト推進協会

協会についてabout us

概要

松本クラフト推進協会は、もの作りの喜びを多くの方々に知っていただくことを目的に1987年に発足しました。
毎年たくさんの方々にご参加頂いている『クラフトフェアまつもと』、『クラフトピクニック』 の主催等も含めて、
ものを「つくる人」と「つかいたい人」、更には「これから何かをつくりたい人」を繋ぎサポートしていく活動を行っています。
2004年からはNPO法人としての認可を取得し、それまでの活動を通して得た経験やネットワークを生かした
ワークショップの開催など社会教育活動にも積極的に取り組んでいます。

所在地/連絡先

NPO法人 松本クラフト推進協会事務局
代表理事 伊藤 博敏
〒390-0812 長野県松本市県(あがた)1-2-15
TEL.(0263)34-6557/
FAX.(0263)34-6545
【営業時間】10:00~17:00 毎週土・日曜定休

営業日でも事務所にスタッフが不在の場合もあり、
ご連絡が遅れることもございます。あらかじめご了承くださいませ。

station@matsumoto-crafts.com

活動チームのご紹介

松本クラフト推進協会は、クラフトフェア実行委員会・クラフトピクニック実行委員会・まつもとクラフト新聞編集部・
掌編集部・松本市との協働事業「工芸の五月」の企画室・協会事務員、合わせて約50人/5つのチームで活動しています。
ボランティアで関わっているスタッフや専従スタッフなど形態は様々です。
クラフトフェアまつもとチーム クラフトフェアまつもとチーム

クラフトフェアまつもとチーム

毎年5月の最終土日に開催するフェア。次年度の準備は10月から始まります。毎月1回例会を行い、担当を決め話し合いながら進めます。例会のついでのお花見会、忘年会で親睦が深まります。
チームのメンバーは全員ボランティアです。本業があるので例会は休日に開かれます。
クラフト作家・会社員、職業は様々です。作り手使い手それぞれの立場で意見を出し合います。また、フェア当日だけのボランティアもいます。
最終日の後の「打ち上げ会」、やり終えた連帯感が次へのエネルギーです。

クラフトピクニックチーム クラフトピクニックチーム

クラフトピクニックチーム

毎年10月に開催するピクニック。準備は4月から始まります。フェアのスタッフと重なっているメンバーも多く、本格的な準備は6月の例会から始まります。
フェアと同様に毎月1回の例会で進めて行きます。
ピクニック当日はスタッフもワークショップに参加して、一緒にピクニックを楽しみます。

掌チーム 掌チーム

掌チーム

毎年1回機関誌「掌」を発行しています。
クラフト作家とフリーの編集者が企画・取材・編集をして5月に発行します。
前回の打ち上げ会が次年度の企画会議になります。昨年は8月でした。
特集の企画を決め、それぞれ本職があるのでメールを駆逐して企画を練っていきます。
作り手にも使い手にも知って欲しい記事を掲載しています。

まつもとクラフト新聞チーム まつもとクラフト新聞チーム

まつもとクラフト新聞チーム

まつもとクラフト新聞は年4回発行。編集スタッフは、はるか、きえ、みほの3人で担当中。まつもとクラフトのあれこれを、時に斬り込み、時に明るく、真面目で変な新聞を目指しています。
3人とも絶賛育児中の働く母。クラフト新聞の打ち合わせは、クラフトに関わらず、仕事のこと家族のこと色んなこと、多岐に渡って大盛り上がり。(女三人寄ればなんとやら…世はこれを井戸端会議と言う。)

協会事務所チーム 協会事務所チーム

協会事務所チーム

事務所員は女性5人が週1日~4日間、交代で出勤しています。
それぞれの事情で勤務日も違うので全員が揃うことはなかなかありません。お昼休みには豊富な話題で盛り上がり、おしゃべり大好き、毎日が女子会です。
業務はフェア・ピクニック・機関誌・新聞など各事業の事務処理、日常のメール対応、会計処理、メディア対応etc・etc…松本市との協働事業「工芸の五月」の企画室・事務所も兼ねています。
なぜか、ITオンチなアナログ人間ばかりが集まります。メールの返信で精一杯です。ですので、ごめんなさい、事務所のフェイスブックはありません。
フェイスブックはクラフトフェアページをご覧ください。

私たちと一緒に、信州松本の
クラフトを盛り上げませんか?

クラフトフェアまつもとファンクラブ会員随時募集!

グッズ